ママの独り言
3頭のアフガンハウンド(オスカル♂&マルス♂&ポアロ♂)とパパ、息子2人と暮らすのーてんきママの日記 ポアロは8月2日生まれのゴールドのBM(10兄弟、姉妹)

プロフィール

マルスママ

Author:マルスママ
シャイなオスカルとアマッタレなマルスのアフガンboysと暮らす、のーてんきママ
息子には「ママはノータリンだね、優子りんじゃないね」と馬鹿にされる・・・



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お茶ぶるまい

昨日は、久しぶりというか、自分の時以来の「お茶ぶるまい」に出席

これは、長男のところへお嫁さんに来た人だけの行事(なんていうと大げさだけど)

私もこちらに来るまでは、こういう慣わしがあることは知らなかった。
そりゃあ、結婚式が済んで、新婚旅行から帰って来たら、お姑さんとご近所を回る事ぐらいは知っていたけど(実家の方はそう)
でも、此処(というかこの市内と近隣地域かな)は違う。

当日の一週間か十日くらい前に、半紙3枚~7枚を3つに畳んで紅白の水引で結んで、お茶を入れた小さなのし袋を水引にはさんで、来てもらう家に挨拶に行く。
そして、来てもらう人は、その家の奥さん
ご主人は結婚式に出ているから関係ない
要は、奥さん連中に顔を覚えてもらって、これから宜しくお願いしますって事

もう、だいぶ昔になるけど、私も思い出しましたよ・・・
上座の方から順番に、ビールやお茶やジュースをついで回ったことを・・・
これはまだ変わらずに(無くならずに)やってるんだよねぇ
っていっても、これをやってるのは、元々(代々)ここに住んでる人

長男の所にはなかなかお嫁さんが来ないのよねぇ(大変みたい)
そこの家だって大きい家だけど、息子夫婦は別居だもんね
歳とって身体が弱くなったら、看て貰うんだって
スポンサーサイト

盆の入り

今日は7月13日で、うちの方ではお盆の入り

夕方6時ごろにおばあちゃんちに

お姉さんたちはもう来ていて、うちが来るのを待っていた。

ご近所さんたちが、もうだいぶお線香をあげに来てくれているので、急いで迎え火の用意をして、私たちもそれぞれお線香を持って、ご近所にお線香をあげに回った。
うちとお姉さんちと2手に分かれる。

今年は、なおちゃんの赤ちゃんが来たので、今までとぜんぜん違う。
にぎやか(みんなの注目独り占め!)

うちの下の息子が、「赤ちゃんには勝てないよ」だって
赤ちゃんがいない時はうちの子が主役
そりゃそうだよねぇ、ひげが生えた子供より、ちゅるちゅるでぷちぷちの赤ちゃんの方が可愛いよね(あんたも昔はそうだったの)

楽しかったクラブ展 ②

午前中はアトラクションで、親子孫でショーにマルスと参加
マルちゃんと違って私は、こういう晴れ舞台に出るのは初めて(ドキドキ)
ただみんなと一緒に出て、ワンちゃんと一緒に走るだけだと分かっていても、なんだかねぇ~・・・
でも、無事に終わって、記念写真も撮れた事だし(よかった、よかった)

その次はハンドリング講習会
これにはパパが参加(こういうの初めて)
何せ、今回はパパがマルスを引くつもりで来たので、そのつもりで、ジャケットもシャツもパンツも靴も持ってきた。
なにをかくそう、この日の為におニューで揃えたの(笑っちゃうね)
パパのハンドリングデビュー(しなかったけど)
講習会の時は着替えなかったけど・・・
でも、約1時間やってたかなぁ(長かったねぇ)
けっこうパパも楽しそうにやってたみたい。
私も、それが終わるまでお弁当食べるの待ってようかなぁと思ったんだけど、やはり、背に腹は変えられない(悪いと思ったんだけどね・・・)

この日は、マルスの同胎のカポ君と、お父さん犬であるレガシー(参考犬で出陳)にも会えた。
それと大好きな星君(参考犬で出陳)にも(すごーく久しぶり)

そんなこんなしていると、レガシーやカポ君達のオーナーでもある西片さんに、マルちゃんを、西片さんの知り合いの野中ハンドラーに引いてもらえば、と誘われたので、パパもだいぶ疲れていることだし、帰りのことも考えて、そのままお願いした。
ああ、そうしたらどうでしょう!
マルちゃん、チャンピオンクラスでAOMでした!♪
ラッキー♪♪
思ってもいなかったものを頂きました。
パパが引いてたらこうはいかなかったね(参加賞)

本当に今回のクラブ展は楽しく、心に残りました。
皆さんの努力の賜物だと思います。
あやさんをはじめ、役員の皆さん、ドックスペースの岡田さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

追伸
パパが、「今までの参加したドッグショーで、一番ママが生き生きしてた」と言ってました。

楽しかったクラブ展

ドッグスペースに無事到着したら、もうすでに先客あり
それは、北海道からブーンと飛んできたアコちゃん(美人さんだぁ)
初めてお会いしたのに、そんな感じがしない(前から知ってたぁ見たいな感じ、不思議ね~)
私が岡田さんにドッグスペースに行く道順を電話で聞いてる時、アコちゃんも隣にいたんだって、きっと笑ってただろうなぁ・・・
だって、1回目の電話で言われたとおりにしていたら、すんなり来れてたんだもの・・・(私のアホさ加減を露呈してしまった。。。)

うちのワンちゃん達にとっては初めてのお泊り
オスカルはおとなしく寝てくれたんだけど、マルちゃんが興奮してるのか落ち着かず、フゴ~、フゴ~とうるさい(寝させてくれ~)
おまけに、ドッグフードと缶詰のご飯を1口も食べない。
これを見てパパが、『これじゃあ明日体が持たないだろう』と心配して、夜の9時過ぎに急きょコンビニへおにぎりを買いに出かけた。
出かけたのはいいんだけど、なかなか帰って来ないんだよねぇ・・・
30分以上過ぎてからようやく帰ってきた。
あんまり遅いから心配しちゃったって言ったら、『開いてるコンビニまで7キロくらいあるんだもの』って聞いてびっくりー(うちの方じゃ考えられない、1番近いのは歩いて行ける)
そんなに心配してあげてるのに、マルスはちっとも分かってくれずに、ピーピーうるさい。
夜中に3回も外に出ておしっこさせた。
私はそれでも少し寝れたけど(直ぐ寝付く)パパは本当に寝不足。1時間半くらいしか寝ていない(帰りの運転が心配)

朝7時45分に、ドッグスペースさんを先頭にドラゴンハットに出発
着いて見たら、とっても大きくて立派(広いね~)
そしたらパパが、『こんな広い所で走らされたら、俺身体もつのかなぁ』っと一言
(これじゃあきついだろ~)と他人事に思った。(悪魔か?)

テーブルを運んだり、会場設営を手伝って、あとは場所を確保して準備OK
タバサ家、ディア家、もなかふぃずき家、ローレン家の皆さんと一緒のブースでとても楽しかった。
まだ続く

クラブ展前日 (道路は続くよどこまでも)

6月30日の土曜日、朝6時に出発しようねと言っていたけど、何時ものごとく1時間遅れで出発
今回は、私たちだけでなく、おばあちゃんも一緒
でも、おばあちゃんは、三重の名張に住んでいるおばあちゃんの妹の所へ
こんな時でもないと、なかなかあっちの方へは行けない。
まして、おばあちゃんも結構歳だし(満89歳)
これが最後になるかもしれないから元気なうちに、ということで、一緒に行くことに・・・

おばあちゃんを迎えに行って、いざ名張りに、ということでカーナビに叔母さんの住所を打ち込もうとしたら、いくらやっても打ち込めない。
ちゃんと説明書通りにやっているのに(どうなってるのよぉ!)
パパに、『何の為にカーナビ買ったのかわかんないじゃない』とつい言ってしまった。
パパが、『家の住所を打ち込んだらすんなり出来て、近辺を回っても大丈夫だったから、これでOKだなぁって思ったんだよ』だって・・・
私はこういう機械のことはまるでダメ!
要するに、前もってPCでナビのほうにデータを打ち込んでおかなかったからダメみたい(そんなの買った時に言ってくれたらいいのにね)
今更しょうがない!
3年前にも1度行ってるから、まあ何とかなるでしょう。
(叔母さんは、以前叔父さんが健在だったころは大阪の寝屋川に住んでた。全部処分して息子の近くに)
区画が大きめの閑静な住宅街(近鉄名張駅に近い)
うろ覚えの記憶を頼りに進んだら(パパが)見覚えのある所が、途中1回交番で教えてもらって無事到着(良かった、良かった)

叔母さんが、『せめてお茶ぐらい飲んで行ってよ、これじゃまるで飛脚じゃない』と言われたが、
『申し訳ないですが、まだ先が長いのですみません』と挨拶だけして叔母さん宅を後に・・・

そうなんだよ、これから先がもんだいなの!
近畿地区に入ったから、ここからならドッグスペースの住所が入力できるかな?何て思ったのは、やっぱり甘かった(どうすんだよ~)
まあ、GTPで出る地図を頼りに行くしかない。
でも、目標となる場所を入力しないといけないので、「大津駅」を目標に出発
パパが、『こんなんだったらPCで地図を打ち出しとくんだったなあ、失敗したなぁ』とぼやいた。
今更言っても後の祭りだよ~(分かってたら苦労しない)

車は一路ドッグスペースへと・・・
ナビの指示に従ってR422号線を進んで行くと、「えーっ、これが本当に国道なのぉ」っていうような狭い所や、まるで軒下を通るような所も(こんなの初めて、びっくり~)間違えたんじゃないかと思ったけど、道路脇にはR422の標識がある。
どんどん進んで、伊賀から甲賀へ抜ける道は、本当に山越えだーー!
ほとんど車とすれ違わなかったし、すれ違いなんか出来ないような細い道だよ。
1台だけ大きなトラックとすれ違ったけど(こっちが止まって待ってた)あんなのが通るのが信じられない。
パパと『帰りもこの道通るのやだね、夜なんかなお更だよね』と話していた。(結局帰りも通る事になる)
それから、ここを通って分かったことがもう1つ、
ここは焼き物街道だっていうこと。
甲賀って信楽焼きの里なんだねぇ・・・
信楽焼きの名前は知ってるけど、ここだとは知らなかった。
そして、どの陶器店の前にも狸の焼き物が置いてあった。
でも、あんなに陶器窯や陶器店があるとはね・・・

大津市に入って瀬田川という大きな川を左に見てだいぶ進んだ所で、コンビニの駐車場に止めて、ドッグスペースの岡田さんに電話をした。
そうしたら、逆に進んで来てるので、今来た所を少し戻って、瀬田川を渡って左に進んで○と言う所に来たら(場所の名前忘れました)また電話を下さいとの事
その通りにすれば良かったのに、そこのコンビニでも聞いてみたら、たぶんオーナーさんだと思うけど、とても親切に教えてくれて、岡田さんが渡っちゃいけないって言っていた赤い橋を渡っちゃったから、さあ大変!(ばかだなぁ)
そこでもう1度岡田さんに電話をして、赤い橋を左に曲がってずうっと進み、今度こそ言われたとおりの大きな橋を渡って、トンネルを2つ通過した。
そして、すぐに右折するのに、真っ直ぐ行っちゃった(いったい私は何を聞いていたのか!うわのそらか?)
しばらく行ってから、『何か変だよね、トンネル過ぎたら直ぐ分かるって言われたもの。戻ろうか』ってことで、ようやくドッグスペースに到着(パパに、ナビゲーターがいいからなと一言言われた)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。